2024-01-01から1年間の記事一覧

「生きザマ」という言葉はおかしい

写真はAdobe Stock より 最近、よく耳にする言葉で、いつも気になっているのが「生きザマ」という言葉です。「死にザマ」という言葉はあります。れっきとした言葉としてあります。「死に様」と書きます。「ザマ」とは「みっともない様子」を表現する言葉です…

そして誰もいなくなった

写真はGetty Imagesから そして誰もいなくなった「and Then There Were None」。これはアガサ・クリスティをベストセラー小説家にしたミステリー作品の題名です。販売数は、歴代世界で6番目に売れた書籍だそうです。 この数年、アメリカで「トランプ現象」と…

祖父の命日

いつも朝起きると、お仏壇に水を供え、ローソクに点火し線香を炊きます。その前に過去帳、今日の日のページを開きます。今日は2月24日、母方の祖父の命日でした。亡くなったのは昭和35年(西暦1960年)、私が高校1年生の時です。丁度、中間テストでした…

ひがみ・ねたみ の国民性

もう立春も過ぎてしまいました。柿の木と柚子の木に遅まきながら、忘れていた寒肥を施しました。夏の土用にまた施肥します。今秋も豊かに結実するでしょうか。 毎日、政治のニュースを見ていると、国会議員パーティー券のキック・バック、不記載、何に使った…

50年間の逃亡

昭和49年から50年にかけて、連続企業爆破事件にかかわった桐島 聡容疑者が神奈川県内の病院で死亡しました。享年70歳。私より10歳年下、20歳の時より指名手配され、50年間の逃亡でした。重篤な胃癌で入院中、偽名を使っていましたが、「最後は本名で死にたい…

トランプ現象

この所のアメリカ大統領選挙、共和党の候補者選びで、世論調査を見れば、ドナルド・トランプの支持率が50%を超えています。対する民主党の候補者は、今の所、高齢のバイデンのみ。いささか心許ない感じです。世界の全員とは言いませんが、多くの人々は内心「…

能登半島地震・遠国遠望症候群

ネットで捜しましたが、能登半島地震の無料画像がなく、蘭の画像でゴメン 「遠国遠望症候群がニッポンを滅ぼす」 元旦の午後に発生した能登半島地震から、半月近くが経ちました。 倒壊した家屋の下から、120時間を経過して救助され、命をつないだひともおら…

正月早々

お正月元旦の午後、石川県能登半島を襲った地震に驚きました。明けて2日夕方、羽田空港で日本航空旅客機と海上保安庁の航空機が衝突する事故が起きました。地震に関しましては、まだ救出も支援も続いていて、もう少し経過を見守りたいし、言いたいことがたく…

年が明けました

明けましておめでとうございます。 今年の元旦は、天気がいまひとつ。雨の初詣となりました。 今年も相変わらず、ブログをつづけて参ります。適当によろしくお付き合い願います。 昨年、年の瀬も押し詰まった年末、自動車メーカーのダイハツ工業が、新車の安…